最新記事一覧

審査に受かるまでの道

カチンコ

マナーを守りたい

芸能人を目指して書類審査に合格した後は、会場でオーディションを受けることになります。オーディションは遅刻が許されませんので、もしも道のりが不安な方は開催日の前に通ってルートを確認しておきましょう。また会場に行く際は必要な書類やハンカチなどのエチケット用品が欠かせません。タレントオーディションで気をつけたいことは、就職の面接と変わりません。扉がしまった部屋に入る際は三度ノックをして、「失礼します」と挨拶してから入室しましょう。もちろん面接をしてくれる人たちだけでなく、受付の方にもしっかりと名前を伝えて挨拶します。タレントの面接を受ける際に気をつけたいのは視線と目線です。オーディションでは自分の素の顔をチェックされるため取り繕う必要はありませんが、あまり暗い印象の人は採用してもらえないのが一般的です。猫背で小声の方は将来タレントとして働いて行けるのか不安な印象を与えてしまいますので、背筋を伸ばしてきちんとした受け答えをしましょう。また審査員と向き合った際はきちんと話している人の目を見ることが大切です。審査員から展望や特技について訊かれた際に緊張で言葉が詰まってしまったり、上手く答えられなかったりすることもあるでしょう。そうした場合、うやむやにせず分からないことは分からないと伝えることが大切です。「きちんと考えてみたいと思います」と心情を口にすることで、悪い印象を与えずに済むのです。タレントは人前で働く仕事であり、オーディションはその第一歩です。緊張しないように事前に模擬モーディションを行って特訓しておきましょう。

Copyright© 2018 イベントを大成功させるならキャスティング会社の依頼 All Rights Reserved.